看護師転職支援サイトに登録した後はどうなるの?

看護師転職支援サイトの利用の流れ

看護師転職支援サイトを使いたいけれど、「どのような流れでサービスを利用できるの?」と疑問に思われている人も多いようです。
大まかな流れはこんな感じです。

①サイトの登録
  ↓
②希望条件の確認(専任アドバイザーとの面談)
  ↓
③求人情報の紹介
  ↓
④面 接
  ↓
⑤内 定
  ↓
⑥採 用(転職)
  ↓
⑦採用後のフォロー

サイトの登録から転職まで一貫したサービスを受けることができます。求人情報の紹介は何度も受けることが可能です。紹介を受けたからといって必ずしも面接を受けなければいけないといったことはありません。

希望のマッチした求人情報が発生するまで何度も紹介を受け、その結果、希望の職場への転職が実現した方がたくさんいらっしゃいます。転職活動を納得がいくまで行いたい人は、看護師転職支援サイトの利用がオススメです。

専任アドバイザーとの連絡は密に

看護師転職支援サイトの利用はまずはサイト利用の登録を行います。サイトに設けられている無料の登録フォームにアクセスをし、必要項目を入力します。登録フォームへ入力する情報はあくまでも氏名・住所など基本情報のみです。転職先への希望条件などは簡単にしか入力できません。では転職に肝心な希望条件はどのように伝えるのでしょうか。

サイトの登録が済むと、専任アドバイザーからメールまたは電話で連絡があります。そこで転職に希望する条件を伝えることができます。専任アドバイザーからは様々な質問があります。常勤や非常勤といった勤務形態から、業務の内容まで問われることもあるでしょう。希望の条件はできるだけ詳しく伝えておくべきです。「どんなところでも転職をしたい」といった漠然な感じでは、転職をしたとしても長続きはしないでしょう。

転職をするには必ず理由があるはずです。前の職場での嫌な経験も話しても良いと思われます。そうすることで、次の職場への希望が明らかになってきますよね。専任アドバイザーとの連絡は密にとることこそ、転職成功への近道なのです。

面接のセッティングから入職後のフォローまで

働きながら転職活動を行う看護師は面接の日を決めるのもひと苦労です。夜勤がある看護師では生活リズムが異なり、転職先との連絡も思うようにとることができません。面接はできればシフトの休日に行いたいものです。そこで、そうした調整はすべて転職サイトに代行してもらうことができます。

面接日の調整はもちろんのこと、面接に同行してもらえるサイトもあります。そして、めでたく内定が決まった後には入職日の調整なども看護師に代わって行います。時間に追われて働く看護師にとって、そうしたサポートは大変ありがたいですね。実際に転職をした後もフォロー体制は万全です。転職をしたものの、思っていた職場と違っていれば、相談に応じてもらうことが可能です。